ランニング中のお腹の痛み。原因と対策は?上腹部中央、右上腹部、左上腹部、下腹部に分けて解説 | For running

ランニング中のお腹の痛み。原因と対処法は???

トラブル

ランニングをしていておなかが痛くなったという経験、皆さんもあるのではないでしょうか? 私自身も何度かありましたが、ランニングを始めて間もない頃におなかが痛くなることが多かったです。

今回はランニングでおなかが痛くなる原因を痛みの場所ごとに解説していきます。

上腹部中央の痛み

ランニング中に生じる上腹部中央の痛みは、主に胃の痛みが原因です。食事をすると、食べた物を消化するために胃に血液が集中します。
ランニングでは、たくさんの血液を全身に送る必要があるので、胃へ送る血液が不足し消化不良を起こします。また、走ることで胃が上下に揺れ、痛みを感じることもあります。食事をした直後のランニングを避けることで改善できるので、走る2~3時間前には食事を済ませておくようにしましょう。

下腹部の痛み

下腹部の痛みは、大腸の痛みが原因ということが多いようです。ランニングをすると、腸が振動で揺れ動き活発になります。お腹がゆるくなってしまったり、ガスや便が刺激となって大腸の痛みを誘発することもあります。

ランニングをする前にトイレを済ませておきましょう。また、女性の場合は、下腹部の痛みとして、卵巣などの虚血も考えられます。スピードを落とし、対応してみてください。

右上腹部が痛くなる

右上腹部が痛む場合、横隔膜が痙攣を起こし痛みが生じている場合が多いです。肝臓の一部が横隔膜に付着しており、呼吸運動に同調し肝臓も上下に動きます。

走ることによる振動で重い肝臓が引っ張られ、横隔膜が痙攣し強い痛みが生じてしまいます。走っている最中、右上腹部に痛みが出てしまったら、スピードを落とす、腹部マッサージをするなどして対応してみてください。

左上腹部が痛くなる

左上腹部が痛くなる原因は、脾臓がという臓器に血液がなくなった状態が考えられます。 脾臓には血液を蓄える機能や、老化した赤血球を破壊し、除去する働きがあります。ランニングをすると大量の酸素を全身に送る必要があるので脾臓に蓄えられていた血液を体内に送り出し、酸素供給を図ります。ランニングでは、脚の筋肉に大きな負荷がかかり、酸素と血液を取られるため、脾臓は虚血状態に陥ります。左の脇腹が痛くなったら酸素不足のサインです。走行中の痛みは速度を落として対応してみてください。また、ウォーミングアップで全身の血行を良くしておくことも大切です。

まとめ

痛みの場所によって原因も対処法もそれぞれ違います。
走っている最中に痛みが生じたらどこが痛いのかを見極め、それぞれの場所に合った対処法を実践してみてください。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました